テーマ:IKONTA

12:カメラ

 小学校の運動会をカメラで撮る父親達に交じって、独り旧式の蛇腹カメラを構える父の姿が、私は少し恥ずかしかった。よその父親は皆、上からのぞく方式の二眼レフカメラだ。しかし、二眼レフがあっという間に廃れたのを見てからは、父の舶来品の上等カメラを卑下する気持ちがなくなった。  『3人で写ると真ん中の人が死ぬ』という迷信が小学校に流布しても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10:写真

 幼少期の写真は写真館で写した物しかない友人が多い中、私は父のカメラで撮った写真をたくさん持っている。カメラが家庭に普及し始めたのは50年代になってからだが、なんと父は37年(昭和12年)に購入していた。学生時代に一郎伯父にねだって買ってもらったドイツ製のIKONTAというカメラである。「普段なんにも欲しがらへんやつが珍しい、買うてほし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more