テーマ:囲碁

77-2:来客

 日曜日は父にとって1週間の睡眠不足を補う日だから、家族で外出することは滅多にない。来客も親戚以外にまずなかったが、囲碁好きの会社の部下だけは月に1回くらいの頻度で、父に囲碁の指導を受けに来る。彼男に慕われて父はよい気分らしく、鬱陶しがらずにいつも機嫌よく『愛弟子』の彼男の相手をしていた。  他に我が家を訪れた数少ない会社の同僚の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

42:床几

 夏は夕方になると玄関先に床几(縁台)を出して、夕涼みしながら近所の人とおしゃべりする。女性は家事で忙しいのか、大人は男性が多かった。囲碁や将棋を指す人もいた。蛍光灯が普及していない時代、夕方は屋内より外の方が明るく、風もあって涼しい。今なら車の通行の邪魔になるし、車の排気ガスを吸うしで、涼んでいるどころではないだろうが
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more