テーマ:大丸

32:第一次反抗期

 50年(昭和25年)11月に2歳になったマイコは、第一次反抗期がすごかった。地団駄を踏んで、「嫌や、嫌や」と大声で叫ぶ。挙げ句の果てには、あおむけに寝転んで手足をバタつかせ、泣きわめく。大丸の中でもよくひっくり返って大騒ぎした。なだめても効果がないときは、母は私の手を引いて走り出す。するとマイコも起き上がって、大泣きしながら私達の後を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21:エレベーターとエスカレーター

 3歳のときに住所も言えるようになった。父が教え込んだのだ。『大阪市南区鰻谷』まで今も覚えている。「教えたおかげで、迷子になったとき無事に家に帰れた」と、父は後年何度も自分の深謀遠慮を自慢気に私に話した。3歳か4歳のときに私が独りで大丸に行って、店員に家まで送ってもらった事件を言っているのだが、私は帰り道を知っていたから、実際は迷子にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18:大丸百貨店

 壱ちゃん姉弟とたか子ちゃんの他に近所で覚えている子は、お醤油屋さんのお姉ちゃんである。壱ちゃんの姉の征子ちゃんと同い年なのか、2人は仲が良さそうに見えた。父の話では私とマイコの面倒をよく見て遊んでくれたそうだが、壱ちゃん姉弟やたか子ちゃんほど、私にとって印象が強くない。彼女と一緒に撮った写真がアルバムにある。私が三輪車にまたがり、マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more