テーマ:ブランコ

106:幼稚園2

 K幼稚園もやはり楽しい所ではなかった。よし子ちゃんと一緒だったら、もう少し居心地がよかったかも。卒園まで同級生の誰とも親しくなれなかった。でも自分で行くと言い出したのだから我慢して通った。あのブランコの『しっかりした子』に、通園を始めてまもなくから意地悪されるようになった。帰りの時間に歌を歌うとき、足踏みして腕を前後に振るのだが、彼女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

105:幼稚園1

 よし子ちゃんが幼稚園に通っていることを知って、私も少し行く気が起きてきた。母は喜び勇んですぐに、よし子ちゃんと同じT市立K幼稚園の入園手続きをした。もう2学期の半ばくらいになっていただろう。母に連れられてK幼稚園の門を初めてくぐったとき、園庭のブランコで数人の子供達が遊んでいた。母が声を掛けると、中の1人の女児が応じた。その後の母の問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more